ドクターQ&A

よくいただく質問をまとめています。ご参考になさってください。

通院したい場合は、どのように手続きしたらよいですか?

あらかじめ損保会社に当院の院名と連絡先を連絡して頂き、損保会社から当院に事前連絡があった場合は患者様の窓口負担はありません。
損保会社から事前に連絡がある前に来院された場合は一時的に患者様から自費でお支払いただきます。

 


事故の数日後から首や腰に違和感が出てきました。受診は可能ですか?

事故直後、症状を感じないことは珍しいことではありません。しかし、日がたつごとにその症状が酷くなり治りにくくなりますので、お早めの受診をおすすめします。

 


診断書などの各種証明書は発行してもらえますか?

警察に届け出るための診断書や、その他の証明書も作成します。

 


保険会社が薦める医療機関に通わなければいけませんか?

どこに通院するかは患者様の自由です。距離的に通い易い病院もひとつの選択支ですが、交通事故やムチウチの場合、経験が多い、当医院(やまだ整形外科)にお気軽にご連絡ください。


交通事故の治療に関して、整形外科と接骨院との違いは何ですか?

まず大きな違いは接骨院の先生は医師ではないことです。また接骨院ではレントゲンなどの正確な検査が出来ませんので「医師の診断なき診療を保険支払いの対象としない」と考えている損保会社も多く注意が必要です。損保会社から「治療費は打ち切ります。」と言われると接骨院では治療の必要性を診断できない場合があり多くの場合は治療が打ち切りになります。


治療費、補償費、慰謝料などは、どうなるのでしょうか?

保険会社からの治療費の打ち切り前であれば、患者様の負担はございません。さらに後遺症が残ってしまった場合も整形外科の医師であれば後遺症診断書を書くことができます(後遺症診断書は接骨院では発行できません)。
この後遺症診断書がなければ交通事故患者様に支払われるべき後遺症にかかる補償、慰謝料も支払われませんので接骨院にかかる場合には注意が必要です。



Copyright© 2014 Yamada Orthopedic Clinic. All Rights Reserved.